こくベジ便に初搭乗!その③

こんにちは、店長です。

 

その②からすっかり間が空いてしまいましたが、その③です。

前回は国分寺の農家さんの元へお野菜を集荷したお話。
今回は、農家さんから野菜を受け取った、その後。
こくベジ便、配達の巻です。

 

その前にこちら、今回は配達では伺うことはなかったのですが、
国分寺を語るならまずは食べるべきはコロッケの丸愛さんの「里芋コロッケ」!

丸愛さんは小坂農園さんのお隣に位置しているため、
今回は小坂農園さんに集荷に行った際に伺わせていただきました!

丸愛の店主とこくベジの奥田さん。

そして噂の「里芋コロッケ」ですが、里芋特有の粘り気とコロッケのサクサク感の共存がたまらない…!
こくと甘みがしっかりとした里芋は、もちろんこくベジ、お隣の小坂農園さんの里芋を使用しています。

なんでも丸愛さんによると小坂農園さんなしでは里芋コロッケは成立しないとか…
小坂農園さんで採れすぎて農園に転がっている里芋を見て、里芋コロッケを作ろうと思い立ったのだそうです。
農家さん、飲食店という「点」が、コロッケによって繋がり、今や国分寺名物として人々に愛される存在となっています。
そんな街と繋がる存在にSWITCHもなれたらいいなあと再認識。

 

そしてこちらも配達ではないのですが、、
この時期SWITCHはキウイでお世話になっていた農家さん「糸萬園」さんへの集荷の際に寄らせていただいたお鷹の名物うどんカフェ「ライトハウス」さん。

こくベジが入ったうどん。

家の外の使用していない部分にビニールで壁をつくって部屋を作ったとのこと、
なんとも手作り感満載なお店は気になりすぎて忘れられない、、
店主の仁田さんは国分寺市内で料理教室を開催したりしてるんだとか。
国分寺の人々の輪の広がりをここでも感じます。

 

そしてやっと配達へ、まずはこちらいい香り!
国分寺北口から15分、パン屋「木もれび」さん

材料は全て国産とのことで、食パン、惣菜パン、お菓子やジャムなどの品揃え。
暖かな雰囲気のお店と、ニコニコ優しい店員さんが、お店の名前をあらわしていて
とても素敵なお店だと思いました。

立地も住宅地の中にあり駅から少し遠いものの、地元に愛されるパン屋さん、、
だけではとどまらない!口コミで遠方から足を運ぶ人も少なくないなかなかの人気店とのことでした。
ハード系のパンが中でもおすすめなんだとか。

 

お次はこちら、国分寺北口から徒歩5分、
名前はそのまま国分寺「KBJ KITCHEN」さん
なんとも国分寺愛を感じられるネーミングです。

こちらはSWITCHとオープン時期がさほど変わらず。
昼はカフェ、夜はダイニングバーと表情を変えるお店です。
メニューにはもちろん、こくベジを使ったメニューもあります◎

半年前くらいにお店にご挨拶に伺ったのですが、早くも地元のお客さんに支持される店となっていた記憶。
SWITCHの場所の説明を店長さんにしていると、「あ〜タイマッサージ屋さんの上ね!あそこだよ!」
と突然話に入ってくるお客さんがいたり(笑)
そこからまた会話が広がる、ダイニングバーとはいえ和やかな雰囲気の地元のお店でした。

 

最後にご紹介するのは駅ビルmeets内にある市政施設「ココブンジ」5Fに位置する、
「カフェローカル」さん!

市の施設の中にあるカフェだけあって、日頃から様々なこくベジにまつわるイベントなどが開催されている、
カフェとコミュニティースペースの融合体のような人の交わる場所です。

こちらのカフェは地産地消がコンセプト、
もちろんこくベジを取り入れたヘルシーフードが魅力。
カフェドリンクもとても豊富で、広々とした空間もあいまってノマドワーカーも多いお店です。

そして!ここではこくベジも買うことができるんですよ〜〜
SWITCHではこくベジの販売をしていないので(本当はしたいのですが追いついておらず;)、
お客様からこくベジが買いたい!とお話を受けたときはカフェローカルさんをご案内させていただいております。

 

と、カフェローカルへの配達の際に遭遇したのが、

こくベジ配達人、農業デザイナーこと南部さん。
手には最高傑作、こくベジ版じゃらん。

こちらのじゃらんは、こくベジ加盟農家さんのこだわりから、
こくベジ配達人の1日の紹介、
そしてこくベジ取り扱い飲食店のマップまで、
これさえあればこくベジマスターになれる1冊がなんと無料配布?!

これはSWITCHスタッフの教科書のような存在でとても重宝しております。
お客様からもとっても好評!
ココブンジからいただいてきて店に置いてもあっという間になくなってしまいます。

国分寺にいらした際には、ぜひココブンジでこちらのじゃらんも手に入れていただけると幸いです!

 

さて、最後はじゃらんの回し者のようになってしまいましたが、
そんなこんなで私の今回の集荷体験は終了。。
1日で国分寺の農家さん、飲食店さん、一気にお会いできる貴重な機会となりました。
やっぱり感じたのは、こくベジを通した繋がり。
配達人奥田さんによって人の輪ができていました。

 

そんな街に、あります、SWITCH。
その土地、人に寄り添って、
あたたかいおもてなし、やさしい味で、
いろんな人の居場所になれるお店になりたい。
私の想いです。

それでは。

Leave your reply

CAPTCHA